ANA VISA Suicaカードの基本情報

ANAマイルとSuicaが連携ANAVISASuicaカード

・国際ブランドの種類:VISA
・申し込み資格:本人カードの資格は、契約の際の年齢が満18歳以上、日本国内において支払い能力のある方。ただし、高校生は対象外。
・年会費:本人カードの年会費
・初年度費用:無料
・ 2年目以降の費用:2100円
・ポイントの交換還元率:0.3パーセントから0.5パーセント
・付与ポイント:1000円で1ポイントもしくは5マイル付与
・付帯カード&機能:Suica、iD、PiTaPA、年会費無料のETCカード

ANAマイルが貯まりやすい多機能カード

ANA VISA Suicaカードは、ANAのマイレージカードとJRのSUICAとクレジットカードが一体になったカードで、希望者には電子マネーのiD機能も無料で追加することができます。

Suicaで貯めたビューサンクスポイントやクレジットカード機能の利用で貯めたポイントは、ANAマイルへ交換することもできますし、貯まったマイルでSUICAの機能をチャージすることも可能です。

ANAのフライトでマイルが付与される以外にも、SUICAとしての利用やクレジットカードとしての利用、そして電子マネーiDの利用でもポイントが付与されますので、マイレージを効率的に貯めることができます。

ANAのフライトやJRをよく利用する方や、ANAのマイレージを貯めている方には、メリットの大きいおすすめの1枚です。

ポイント特典サービスも充実

ANA VISA Suicaカードは、入会時や毎年継続更新を行うたびに1000マイルが付与されます。

ANA VISA Suicaカードのクレジットカード機能の利用の場合、1000円で1ポイントが付与されます。

このポイントは、ANAマイルに交換することも可能で、1ポイントにつき5マイルと交換できます。年会費6300円を支払って、ANAマイル10マイルコースに入りますと通常の2倍の還元率となり、1ポイントにつき10マイルと交換できます。

この他にも、ANA VISA Suica 会員専用のポイントUpモールを通して、このカードを利用しますとボーナスマイルが付与される特典サービスがあります。

提携先によってボーナスマイル率は異なりますが、通常の2倍以上のマイルが付与されますのでとてもお得です。



関連記事を読む 》 JALカードSuica(一般カード)の詳細
クレジットカード比較ランキング 一位

  JCB EIT  年会費無料、ポイント2倍、旅行保険付帯!

JCB EIT画像 年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
旅行傷害保険(最大) 海外:2,000万円(自動付帯)
国内:付帯なし
空港ラウンジ 利用不可
ポイントが倍付け(還元率1%)の上に、年会費無料ながら海外旅行傷害保険は最大2,000万円。傷害・疾病治療も100万円の保険が付いてくるので入会しない理由が見つからないカードです!
詳細:JCB EIT

二位

  シティエリート  年会費3,000円でゴールド並のスペック

シティエリート画像 年会費(税別) 1,500円(初年度)
3,000円(次年度以降)
※年間30万円以上利用時、ポイント相殺で実質無料
ポイント還元率 0.768%
※年会費相殺なら1.05%
旅行傷害保険(最大) 海外:3,000万円(利用付帯)
国内:3,000万円(利用付帯)
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ利用が可能
ポイントも倍付けでギフトカード交換時のポイント還元率は0.768%と非常に高め。次年度年会費のポイント相殺が可能で、この場合の還元率は1.05%。年間30万円の利用で年会費の元が取れてしまうのも魅力です!
詳細:シティエリート

三位

  ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  東京メトロを頻繁に使う方には最もお得

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)画像 年会費(税別) 2,000円
※通常1000円利用で5マイル。10マイル(倍付け)コースに変更するにはプラス2,000円。
ポイント還元率 利用次第で10%以上
※1マイル3円換算
旅行傷害保険(最大) 海外:1,000万円(自動付帯)
国内:1,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ 利用不可
ソラチカカードは、東京メトロを頻繁に使う方には最もANAマイルが貯まるカードです!
管理人の場合は、東京メトロを月に60回、13,000円は使います。この時に貯まるANAマイルを計算すると・・・430マイル!1マイル3円換算なら何と10%近い還元率になります。

詳細:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)