年会費が永年無料のカード

ネットで評価の高いクレジットカードとは?

年会費が永年無料のクレジットカードは、常に知恵袋でも人気のクレジットカードとなっているようです。 特に、国際ブランドが各種異なるような複数のクレジットカードを保持する方は、年会費が嵩むようなカードの場合はカードの維持費もあなどれない問題となってきます。

年会費以上のメリットを生むクレジットカードでない場合は、この問題は時間の経過と共に深刻化してしまいます。 こうした面からも、知恵袋でもおすすめされるような人気のクレジットカードは、永年無料のクレジットカードが非常に多くあります。


ポイント還元率の高いカード

年会費が永年無料のクレジットカードに次ぎ、ポイント還元率の高いクレジットカードも知恵袋でも人気のクレジットカードとなっています。 頻繁にクレジットカードを日常生活に取り入れ、公共料金の支払いまで利用するような方の場合、年会費の有無に関わらずポイント還元率の高いクレジットカードが知恵袋でもおすすめされています。

ポイント還元率の高いクレジットカードですと、頻繁に利用する際のメリットは非常に大きくなります。

たとえ年会費が多少あるようなカードでも、付与される付加サービスなども含めて、十分にもとを取れるようなメリットが提供されているからです。

自分のライフスタイルとニーズにあったポイント還元率の高いカードで効果的に1枚のカードに集中してポイントを貯めるのも賢い手段といえるでしょう。


付帯機能やサービスが充実したカード

付帯機能やサービスが充実したカードも、知恵袋でおすすめされる人気のクレジットカードとなっています。 サービス内容は一般的に年会費がかかるクレジットカードの方が充実していますが、年会費の有無にかかわらず、国内外の旅行保険、お財布ケータイ機能、電子マネー機能、ETCカード機能、Suica機能など、各クレジットカード会社ごとに特色のある付帯機能やサービスが提供されているクレジットカードも色々とあります。

自分のライフスタイルやニーズにあったカードを選択することで、カードの利用のたびに更に大きなメリットを生み出すことも可能となるでしょう。



関連記事を読む 》 JAL アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
クレジットカード比較ランキング 一位

  JCB EIT  年会費無料、ポイント2倍、旅行保険付帯!

JCB EIT画像 年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
旅行傷害保険(最大) 海外:2,000万円(自動付帯)
国内:付帯なし
空港ラウンジ 利用不可
ポイントが倍付け(還元率1%)の上に、年会費無料ながら海外旅行傷害保険は最大2,000万円。傷害・疾病治療も100万円の保険が付いてくるので入会しない理由が見つからないカードです!
詳細:JCB EIT

二位

  シティエリート  年会費3,000円でゴールド並のスペック

シティエリート画像 年会費(税別) 1,500円(初年度)
3,000円(次年度以降)
※年間30万円以上利用時、ポイント相殺で実質無料
ポイント還元率 0.768%
※年会費相殺なら1.05%
旅行傷害保険(最大) 海外:3,000万円(利用付帯)
国内:3,000万円(利用付帯)
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ利用が可能
ポイントも倍付けでギフトカード交換時のポイント還元率は0.768%と非常に高め。次年度年会費のポイント相殺が可能で、この場合の還元率は1.05%。年間30万円の利用で年会費の元が取れてしまうのも魅力です!
詳細:シティエリート

三位

  ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  東京メトロを頻繁に使う方には最もお得

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)画像 年会費(税別) 2,000円
※通常1000円利用で5マイル。10マイル(倍付け)コースに変更するにはプラス2,000円。
ポイント還元率 利用次第で10%以上
※1マイル3円換算
旅行傷害保険(最大) 海外:1,000万円(自動付帯)
国内:1,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ 利用不可
ソラチカカードは、東京メトロを頻繁に使う方には最もANAマイルが貯まるカードです!
管理人の場合は、東京メトロを月に60回、13,000円は使います。この時に貯まるANAマイルを計算すると・・・430マイル!1マイル3円換算なら何と10%近い還元率になります。

詳細:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)