クレジットカードとは?

クレジットカードの基本とはなにか?

クレジットカードのクレジットとは、信用を意味し、この信用のもとで、支払いを立て替えてくれたり、お金を貸してもらえたりできるプラスティック製のカードのことをいいます。

クレジットカードがありますと、商品などを購入する際、現金で支払うことなしにクレジットカードを使用することで、クレジットカード会社が利用した金額を支払日まで立替をしてくれたりしますので、利用限度額の範囲で商品などの購入を行うことがます。

また、利用請求額の支払い方には、一括払い、分割払い、リボルビング払い、ボーナス一括払いなどがあり、分割回数が少ないほど手数料は低くなります。

クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスの利用では、カード会社提携のATMやキャッシュディスペンサーから、クレジットカードを使って現金を借り入れることを行うこともできます。
現金がない時でもカード会社の立替で買物可能返済方法も豊富


クレジットカードを持つメリット

クレジットカードを持つメリットは、現金を持ち歩くことなしに商品などの購入をできますので、特に高額商品の購入などには、便利さのほかにも、高額の現金を持ち歩く必要もありませんので、安全性の面でもメリットがあります。

現金の盗難にあってしまえば、盗難された現金が戻ってくる確立は非常に低いですが、クレジットカードの盗難にあった場合は、すぐに利用停止の手続きを電話で行うことで現金の盗難より最小限の被害に抑えられます。

また、クレジットカードにカード盗難の際の補償などが付帯されていれば、盗難などでカードの不正使用がされた場合でも補償されますので安心です。

また、ほとんどのクレジットカードには、カードで支払いをするたびに利用金額に応じてポイントが貯まりますので、ポイント数に応じて、商品や商品券などと交換できますので、現金で支払うよりもメリットがあります。

さらに、最近のほとんどのクレジットカードには、国内や海外旅行の保険も付帯していますので、出張や旅行の多い方には、更にメリットとなるでしょう。

クレジットカード利用のメリット

クレジットカードを持つデメリット

クレジットカードを持つデメリットは、商品やサービスを購入の際に、クレジットカード払いにしますと、実際に現金で支払っていませんので、便利さゆえに、つい使いすぎてしまう危険性がデメリットして挙げられます。

クレジットカードを利用する際には、お金の管理をしっかり行う必要があります。 このお金の管理には、毎月のクレジットカード利用請求額が引き落とされる銀行口座の残高の管理も含まれます。

うっかり引き落とされる銀行口座へ請求額の支払日までに入金をし忘れてしまいますと延滞金としての利息がついてしまいます。


関連記事を読む 》 年会費とクレジットカードの関係
クレジットカード比較ランキング 一位

  JCB EIT  年会費無料、ポイント2倍、旅行保険付帯!

JCB EIT画像 年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
旅行傷害保険(最大) 海外:2,000万円(自動付帯)
国内:付帯なし
空港ラウンジ 利用不可
ポイントが倍付け(還元率1%)の上に、年会費無料ながら海外旅行傷害保険は最大2,000万円。傷害・疾病治療も100万円の保険が付いてくるので入会しない理由が見つからないカードです!
詳細:JCB EIT

二位

  シティエリート  年会費3,000円でゴールド並のスペック

シティエリート画像 年会費(税別) 1,500円(初年度)
3,000円(次年度以降)
※年間30万円以上利用時、ポイント相殺で実質無料
ポイント還元率 0.768%
※年会費相殺なら1.05%
旅行傷害保険(最大) 海外:3,000万円(利用付帯)
国内:3,000万円(利用付帯)
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ利用が可能
ポイントも倍付けでギフトカード交換時のポイント還元率は0.768%と非常に高め。次年度年会費のポイント相殺が可能で、この場合の還元率は1.05%。年間30万円の利用で年会費の元が取れてしまうのも魅力です!
詳細:シティエリート

三位

  ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  東京メトロを頻繁に使う方には最もお得

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)画像 年会費(税別) 2,000円
※通常1000円利用で5マイル。10マイル(倍付け)コースに変更するにはプラス2,000円。
ポイント還元率 利用次第で10%以上
※1マイル3円換算
旅行傷害保険(最大) 海外:1,000万円(自動付帯)
国内:1,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ 利用不可
ソラチカカードは、東京メトロを頻繁に使う方には最もANAマイルが貯まるカードです!
管理人の場合は、東京メトロを月に60回、13,000円は使います。この時に貯まるANAマイルを計算すると・・・430マイル!1マイル3円換算なら何と10%近い還元率になります。

詳細:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)