JCBゴールドカードの詳細情報

管理人タカシイチオシJCBゴールドカード たくさんのゴールドカードがある中、JCBゴールドカードは口コミ評判の良い一枚です。

高い海外旅行保険、海外疾病・障害治療保障がついており、国内空港ラウンジの使用もできるため、海外に多く行かれる方にメリットが多くおすすめです。

また、JCBのブラックカードである「THE CLASS(ザ・クラス)」のインビテーション(招待)をもらうためのプロパーカードとして人気があります。

ザ・クラスのインビテーション取得を目指している方は、まず「JCBゴールドカード」で信用作りをしましょう!


年会費とポイント還元率について

JCBゴールドカードの年会費は初年度無料、次年度以降は10,000円となっています。限度額はカードホルダーによって異なり、50〜100万円です。

また、ポイント還元率は国内利用時で0.5%、海外利用時で2倍の1.0%。ポイント還元率はその他のクレジットカードと比べてみても平均的な水準です。


高額保障の海外旅行保険

それではこのクレジットカードのメリットは何かというと、最大1億円の海外旅行傷害保険がついている点です。

5,000万円の自動付帯と、5,000万円の利用付帯で合計1億円の保障。これはプラチナカード並の水準で、年会費10,000円のゴールドカードの中でトップクラスとなります。

また、海外旅行中の傷害・疾病の治療保障ですが、1回の病気につき300万円まで負担してくれます。万が一、海外で緊急手術・入院するような事態になると意外と300万円くらいすぐにかかってしまうものです。

ですから、300万円の保障では完全に安全とは言えないので、以下のクレジットカードの組み合わせをおすすめします。

  • 海外傷害・疾病保障300万円のJCBゴールドカード
  • 年会費無料にも関わらず海外傷害・疾病保障100万円がついているJCB EITカード

JCB EITカードはデメリットが見つからないほど優れたクレジットカードですので、是非こちらもご覧ください! ⇒ JCB EITカードの詳細情報

また、JCBゴールドカードの提示で国内空港のラウンジの使用もできますので、海外出張や海外旅行を頻繁に行かれる方にとって心強い一枚となるでしょう。

JCBゴールドカードのお申込みはこちら



クレジットカード比較ランキング 一位

  JCB EIT  年会費無料、ポイント2倍、旅行保険付帯!

JCB EIT画像 年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
旅行傷害保険(最大) 海外:2,000万円(自動付帯)
国内:付帯なし
空港ラウンジ 利用不可
ポイントが倍付け(還元率1%)の上に、年会費無料ながら海外旅行傷害保険は最大2,000万円。傷害・疾病治療も100万円の保険が付いてくるので入会しない理由が見つからないカードです!
詳細:JCB EIT

二位

  シティエリート  年会費3,000円でゴールド並のスペック

シティエリート画像 年会費(税別) 1,500円(初年度)
3,000円(次年度以降)
※年間30万円以上利用時、ポイント相殺で実質無料
ポイント還元率 0.768%
※年会費相殺なら1.05%
旅行傷害保険(最大) 海外:3,000万円(利用付帯)
国内:3,000万円(利用付帯)
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ利用が可能
ポイントも倍付けでギフトカード交換時のポイント還元率は0.768%と非常に高め。次年度年会費のポイント相殺が可能で、この場合の還元率は1.05%。年間30万円の利用で年会費の元が取れてしまうのも魅力です!
詳細:シティエリート

三位

  ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  東京メトロを頻繁に使う方には最もお得

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)画像 年会費(税別) 2,000円
※通常1000円利用で5マイル。10マイル(倍付け)コースに変更するにはプラス2,000円。
ポイント還元率 利用次第で10%以上
※1マイル3円換算
旅行傷害保険(最大) 海外:1,000万円(自動付帯)
国内:1,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ 利用不可
ソラチカカードは、東京メトロを頻繁に使う方には最もANAマイルが貯まるカードです!
管理人の場合は、東京メトロを月に60回、13,000円は使います。この時に貯まるANAマイルを計算すると・・・430マイル!1マイル3円換算なら何と10%近い還元率になります。

詳細:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)