JCB EITの詳細情報

管理人タカシイチオシJCBカード

 

JCB EITの口コミ評判とメリット・デメリット

 JCB EITは年会費無料でポイント2倍
 実はリボ設定を避けることも可能!
 こんなお得なカード他にありますか?

 

 

当ページは、JCB EITの口コミ評判ページですが、嘘っぱちやステマによる「このカードは最高です!」的な口コミ評判に意味はないので、元カード会社社員である私がメリット・デメリットを交えてお話する、真剣な1個人としての口コミです。

 

≫JCB EITの申し込みはこちら

 

 

 

JCB EITはクレジットカード史上最高のカード

元大手クレジットカード会社の社員である私が、「もし1枚、どのカードを持ったらいい」って聞かれたら、大概JCB EITって言います。シティエリートも捨てがたいですけどね。

 

理由は単純で、どう考えても一番メリットが高いカードだからです。
年会費無料でよくここまでのサービスを提供しているな、と率直に思います。

 

 

 

最大のメリットは自動付帯の傷害・疾病治療保証

もしプラチナカードを持つとかのこだわりが無くて、年会費をとにかく抑えようと思ったらやっぱりJCB EITが最高だし、私も是非そうしたい。

 

メリットの感じ方は人によってよりけりですが、私がJCB EITを一番評価しているのは海外旅行での傷害・疾病治療保証が100万円付いているっていうことです。

 

海外旅行で病院に掛かって手術が必要になると大概300万円以上はするんですね。実際に私の知っている人のお父さんもハワイで盲腸やったことがあって、大体300万円くらい掛かったって言ってました。

 

クレジットカードの傷害・疾病治療保証はゴールドカードでも300万円くらいしか付いていないから結構リスクが高いです。

 

で、死亡・後遺障害の保険金額が最高金額になるから、その金額ばかりが目が行くのですが、本当は一番大事なのは治療保証なのです。

 

クレジットカードの死亡・後遺障害の保険は他のカードと合算はできないです。しかし、傷害・疾病治療は合算可能。だからゴールドカードを1枚持っていて300万円だとして、JCB EITを持っていたら+100万円になって、合計400万円まで保険が利きます。

 

だから年会費にこだわらない人はJCB EITは入らない理由がないカードです。

 

 

 

ポイント還元率が高くて年会費無料、実はリボ専用カードではない。

それから、ポイント還元率が1%っていうのも大きなメリットですね。リボ払い専用カードだから逆に損しているって思う人も多いし、私も以前はそう思っていたんですけど。

 

これがJCBさんに確認したところ、全額払いの全額コースっていうのが設定できるのですね。My JCB(JCBのインターネット会員サービス)内で全額コースの設定は可能です。

 

ここは注意が必要で、もしこの設定をしていなければリボカードになりますし、申し込み時点ではリボカードとしてしか申し込みができないので、この部分は一つデメリットとも考えられますね。ただ、設定すればいいだけですけどね。

 

 

上記の全額コース設定をすれば、普通のカードのように一括で支払いができてポイント2倍、しかも年会費無料って、そんなメリットあるカード他にある??っていう感じです。

 

 

 

 

ポイント還元率も高いけど、実はマイル還元率も高い!

それから、意外に知られていないのですが、ANAマイレージを貯めたい人にも実はかなりおすすめです。

 

JCBのOkidokiポイントは1ポイント3マイルの換算になるので、通常は1,000円で1ポイント=3マイルの0.3%ですが、JCB EITならポイント2倍なので0.6%になります。

 

もちろん、ANAカードなら1%の還元率ですが、年会費は4,000円(税別)。
※厳密には年会費2,000円(税別)で、+2,000円払わないと還元率は0.5%。

 

年会費無料で0.6%のマイル還元率か、年会費4,000円(税別)で1%のマイル還元率か?

 

案外、年会費無料で0.6%の方が得っていう人もいるんじゃないかな?と思います。これ、計算すると、1マイル3円だとすれば月間30,000円くらいの利用がボーダーラインになります。そこまで使わない人にはJCB EITは年会費というリスクがない分、ANAカードよりも良いですね。

 

 

 

是非持ちたいけど、審査はどうなの?

JCB EITの審査は厳しいというほどでもありませんが、そこはやはりJCBカードなので緩くもないです。年会費無料で自動付帯の海外旅行保険が付いたり、リボ払いを外せるならカード会社側としてはリスクも大きいですから。

 

落ちた場合は、6ヶ月の期間を空けて、次の誕生日か、現在の会社にお勤めの期間が1年や2年などの節目を迎えてから再度申し込みをすることをおすすめします。ステータスが変わるので通りやすくなります。

 

とにかくメリットが高いカードなので審査のハードルはどうであれ申し込みする価値は高いです!

 

≫JCB EITの申し込みはこちら