傷害・疾病治療費用の高額補償があるもの

旅先で役立つ機能満載のクレジットカード

この補償額が高い年会費が無料のクレジットカードは、楽天カード、ジャックスカードR-styleなどが補償額が最高200万円までとなっています

条件をクリアすれば初年度以降も年会費が無料となるクレジットカードでは、Mileage Plus セゾンカードなどが補償額が最高300万円までとなっていますのでおすすめです。

提携先が多いマイルが貯まりやすいカード

海外旅行へたくさん行く方にとって、マイルが貯まりやすいクレジットカードであることもクレジットカード選びの際に重要なポイントとなることでしょう。

提携先が多いクレジットカードは、飛行機の搭乗で付与されるポイント以外にも日常の生活で利用するクレジットカード利用額に応じてもマイルが付与されますので、提携先が多いカードは大きなメリットとなります。

また、マイル付与の様々なキャンペーンや特典を提供しているカードも見逃せません。

ANAをよく利用しJRも頻繁に利用する方には、ANA VISA SUICAカードがおすすめです。また、JALを利用する方でしたら、JALとの提携店が多いJALカードなどがおすすめです。

空港ラウンジサービスの利用が可能

クレジットカードのゴールドカード会員のための特典として、空港ラウンジサービスの利用が無料で提供されています。

通常、こうした空港のラウンジでは無料でドリンクが提供されたり、雑誌や新聞を読むことができたり、無線LANの利用ができたりと、空港によって異なる様々な有料・無料のサービスが提供されます。

このサービスの有効活用を行うことで、より快適な旅となることでしょうし、海外にたくさん行かれる方には、ありがたいサービスとなることでしょう。

世界中の600ヶ所以上にも及ぶ空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員付帯のクレジットカードは、プラチナクラスのカードが殆どですが、帯同者は一緒に入れず本人のみ入れればよい方には楽天プレミアムカードがおすすめです。

家族会員にも付与されることを希望の方には、MUFGカードのプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが良いでしょう。



関連記事を読む 》 ETC機能付クレジットカードならこれ!
クレジットカード比較ランキング 一位

  JCB EIT  年会費無料、ポイント2倍、旅行保険付帯!

JCB EIT画像 年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
旅行傷害保険(最大) 海外:2,000万円(自動付帯)
国内:付帯なし
空港ラウンジ 利用不可
ポイントが倍付け(還元率1%)の上に、年会費無料ながら海外旅行傷害保険は最大2,000万円。傷害・疾病治療も100万円の保険が付いてくるので入会しない理由が見つからないカードです!
詳細:JCB EIT

二位

  シティエリート  年会費3,000円でゴールド並のスペック

シティエリート画像 年会費(税別) 1,500円(初年度)
3,000円(次年度以降)
※年間30万円以上利用時、ポイント相殺で実質無料
ポイント還元率 0.768%
※年会費相殺なら1.05%
旅行傷害保険(最大) 海外:3,000万円(利用付帯)
国内:3,000万円(利用付帯)
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ利用が可能
ポイントも倍付けでギフトカード交換時のポイント還元率は0.768%と非常に高め。次年度年会費のポイント相殺が可能で、この場合の還元率は1.05%。年間30万円の利用で年会費の元が取れてしまうのも魅力です!
詳細:シティエリート

三位

  ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  東京メトロを頻繁に使う方には最もお得

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)画像 年会費(税別) 2,000円
※通常1000円利用で5マイル。10マイル(倍付け)コースに変更するにはプラス2,000円。
ポイント還元率 利用次第で10%以上
※1マイル3円換算
旅行傷害保険(最大) 海外:1,000万円(自動付帯)
国内:1,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ 利用不可
ソラチカカードは、東京メトロを頻繁に使う方には最もANAマイルが貯まるカードです!
管理人の場合は、東京メトロを月に60回、13,000円は使います。この時に貯まるANAマイルを計算すると・・・430マイル!1マイル3円換算なら何と10%近い還元率になります。

詳細:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)