ルミネカードの基本情報

SUICAの定期券機能付きのルミネカード

・国際ブランドの種類:VISA、MASTER、JCB
・申し込み資格:本人カードの資格は、契約の際の年齢が、満18歳以上の日本国内の在住者で、電話により連絡が可能な方。ただし、高校生は、対象外。
・年会費:本人カードの年会費
・初年度費用:無料
・2年目以降の費用:1000円
・ポイントの交換還元率:0.5パーセントから1.9パーセント 
・付与ポイント:1000円で2ポイントから
・付帯カード&機能:Suica(ケータイも含む)、PASMO、ICOCA、Kitaca、TOICA、年会費500円のETCカード

SUICAの定期券機能まで付帯

ルミネカードは、SUICAの定期券までついたビューカード機能が付帯しているクレジットカードです。
JRをよく利用するOLの方にもうれしいメリットのあるクレジットカードで、ポイントも貯まりやすいでしょう。

このルミネカードはJRの定期券代わりになりますので、SUICAを余分に持ち歩く必要もなくなり財布の中もスッキリします。また、駅を乗り越した場合でも自動精算で支払日に一括決済され、駅の精算機の前で余計な時間を精算のために費やす必要もないので忙しい方にも最適です。 また、紛失や盗難の為の補償もついていますので安心して使えます。


ルミネ・ユーザーには嬉しいサービスが充実

ルミネカードはその名の通り、ルミネをよく利用する方に嬉しいサービス特典が充実しています。

ルミネやショッピングモールiルミネで、ルミネカードでショッピングをすれば常に5パーセント割引をしてもらえ、更にキャンペーン期間中には10パーセントもの割引をしてもらえます。

また、ルミネカードは利用金額に応じてルミネの商品券がプレゼントされる特典もあります。

年間20万円を超えるルミネカードの利用で1000円分の商品券がプレゼントされ、年間100万円を超えるルミネカードの利用では5000円分の商品券がプレゼントされます。

さらに、最高1000万円までの補償がついた国内旅行傷害保険や、最高500万円までの補償がついた海外旅行傷害保険も付帯していますので安心です。



関連記事を読む 》 三井住友VISA アミティエカードの詳細
クレジットカード比較ランキング 一位

  JCB EIT  年会費無料、ポイント2倍、旅行保険付帯!

JCB EIT画像 年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
旅行傷害保険(最大) 海外:2,000万円(自動付帯)
国内:付帯なし
空港ラウンジ 利用不可
ポイントが倍付け(還元率1%)の上に、年会費無料ながら海外旅行傷害保険は最大2,000万円。傷害・疾病治療も100万円の保険が付いてくるので入会しない理由が見つからないカードです!
詳細:JCB EIT

二位

  シティエリート  年会費3,000円でゴールド並のスペック

シティエリート画像 年会費(税別) 1,500円(初年度)
3,000円(次年度以降)
※年間30万円以上利用時、ポイント相殺で実質無料
ポイント還元率 0.768%
※年会費相殺なら1.05%
旅行傷害保険(最大) 海外:3,000万円(利用付帯)
国内:3,000万円(利用付帯)
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ利用が可能
ポイントも倍付けでギフトカード交換時のポイント還元率は0.768%と非常に高め。次年度年会費のポイント相殺が可能で、この場合の還元率は1.05%。年間30万円の利用で年会費の元が取れてしまうのも魅力です!
詳細:シティエリート

三位

  ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  東京メトロを頻繁に使う方には最もお得

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)画像 年会費(税別) 2,000円
※通常1000円利用で5マイル。10マイル(倍付け)コースに変更するにはプラス2,000円。
ポイント還元率 利用次第で10%以上
※1マイル3円換算
旅行傷害保険(最大) 海外:1,000万円(自動付帯)
国内:1,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ 利用不可
ソラチカカードは、東京メトロを頻繁に使う方には最もANAマイルが貯まるカードです!
管理人の場合は、東京メトロを月に60回、13,000円は使います。この時に貯まるANAマイルを計算すると・・・430マイル!1マイル3円換算なら何と10%近い還元率になります。

詳細:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)