リクルートカードの基本情報

ポイント還元率の高さがウリリクルートカード

・国際ブランドの種類:VISA、JCB
・申し込み資格:本人カードの資格は、契約の際の年齢が、満18歳以上で、定期的な安定収入を保持している方、もしくは、その配偶者。ただし、高校生は、対象外。
家族会員の資格は、本人カード所有者と一緒に生計を立てて暮らしているその配偶者、満18歳以上のその子供、および、その両親。ただし、高校生は、対象外。
・年会費:本人カードの年会費
・初年度費用:無料
・2年目以降の費用:無料家族カードの年会費 
・初年度費用:無料
・2年目以降の費用:無料
・ポイントの交換還元率:1.2パーセント 
・付与ポイント:100円で1ポイント付与
・付帯カード&機能:QUICPay(JCBの場合のみ)、年会費無料のETCカード(VISAの場合は、発行手数料1050円別途かかります。

高いポイント還元率のカード

リクルートカードは年会費無料ですが、ポイント還元率が1.2パーセントと、高いポイント還元率で知られているクレジットカードです。

リクルート運営ビジネスでの支払いをクルートカードですれば、更に高いポイント還元率が付与されますのでお得です。

リクルートカードは、リクルート運営ビジネスをよく使う方にはメリットが大きいカードとなりますが、貯めたポイントを指定されたリクルート運営ビジネス以外との交換ができませんので、リクルート運営ビジネスをあまり利用しない方は、メリットが半減するかもしれません。

年会費は無料でも付帯された保険は充実

リクルートカードは、年会費が無料ですが付帯された保険は充実していますので安心です。

最高2千万円まで補償の海外旅行保険、最高1千万円まで補償される国内旅行保険、そして、年間あたり最高2百万円までのショッピング保険も付帯しています。

また、希望であれば年会費無料のETCカードを追加できますが、国際ブランドがVISAの場合は別途発行手数料がかかります。 このリクルートカードの上位版として、更に高いポイント還元率のリクルートプラスカードは、国内外共に旅行保険が最高3千万円まで保証されます。ただし、年会費が2100円かかります。

実質ポイント還元率からすると、1年間のリクルートカード利用額が262,500円を超えた場合、リクルートプラスカードにすることで、年会費が加わってもリクルートカードよりも実質のポイント還元率のメリットを得ることができます。



関連記事を読む 》 シティエリートの詳細
クレジットカード比較ランキング 一位

  JCB EIT  年会費無料、ポイント2倍、旅行保険付帯!

JCB EIT画像 年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
旅行傷害保険(最大) 海外:2,000万円(自動付帯)
国内:付帯なし
空港ラウンジ 利用不可
ポイントが倍付け(還元率1%)の上に、年会費無料ながら海外旅行傷害保険は最大2,000万円。傷害・疾病治療も100万円の保険が付いてくるので入会しない理由が見つからないカードです!
詳細:JCB EIT

二位

  シティエリート  年会費3,000円でゴールド並のスペック

シティエリート画像 年会費(税別) 1,500円(初年度)
3,000円(次年度以降)
※年間30万円以上利用時、ポイント相殺で実質無料
ポイント還元率 0.768%
※年会費相殺なら1.05%
旅行傷害保険(最大) 海外:3,000万円(利用付帯)
国内:3,000万円(利用付帯)
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ利用が可能
ポイントも倍付けでギフトカード交換時のポイント還元率は0.768%と非常に高め。次年度年会費のポイント相殺が可能で、この場合の還元率は1.05%。年間30万円の利用で年会費の元が取れてしまうのも魅力です!
詳細:シティエリート

三位

  ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  東京メトロを頻繁に使う方には最もお得

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)画像 年会費(税別) 2,000円
※通常1000円利用で5マイル。10マイル(倍付け)コースに変更するにはプラス2,000円。
ポイント還元率 利用次第で10%以上
※1マイル3円換算
旅行傷害保険(最大) 海外:1,000万円(自動付帯)
国内:1,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ 利用不可
ソラチカカードは、東京メトロを頻繁に使う方には最もANAマイルが貯まるカードです!
管理人の場合は、東京メトロを月に60回、13,000円は使います。この時に貯まるANAマイルを計算すると・・・430マイル!1マイル3円換算なら何と10%近い還元率になります。

詳細:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)