DCMXとは何でしょうか?

携帯端末を利用したクレジットカード

DCMX(ディーシーエムエックス)とは、株式会社NTTドコモによって提供されているケータイ電話を利用して行う次世代型クレジットサービスのことをいいます。

DCMXには3種類のサービスがあり、DCMXとDCMX goldはおサイフケータイのiDを用いたサービスのほかにも、クレジットカードの発行が行われます。

また、DCMX miniは、おサイフケータイのiDを用いたサービスのみとなり、クレジットカード機能は付帯しません。

このサービスは、株式会社NTTドコモと三井住友カードとの共同開発で実現したサービスです。

お財布ケータイ機能のついたクレジットカード


DCMXとDCMX GOLDの違いとは?

・ DCMXは年会費無料ですが、1年の間に全く利用しなかった場合、翌年度は1312円の年会費が請求されます。
・ クレジットカードの発行も行われ、VISAもしくはMASTERから選択可能です。
・ DCMXのクレジットカードは、利用額に比例してドコモポイントが付与されます。
・ iDもしくはDCMXのクレジットカードでキャッシングも可能です。
・ ETCカードの発行も可能です。

DCMX GOLD

DCMXカードとの違いは、以下のようになります。
・ DCMX GOLDの年会費は10500円となりますが、1枚目の家族カードは年会費無料。2枚目からの家族カードの年会費は1枚当たり1050円。
・ IDの利用は、最大総限度利用額の範囲を超えることがなければ、1回の決済につき20万円までの利用が可能。
・ 国内空港のラウンジの無料利用サービスと国内・海外旅行保険の付与。
・ 国内、海外の航空便についての遅延費用の特約を付与。
・ お買い物あんしん保険を付与。
・ ドコモプレミアムクラブのプレミアステージ、もしくは、プレミアステージ+αへの優待特典を付与。
・ DCMX携帯電話補償、特定先ドコモショップで長時間待つことなく優先して対応を行ってもらえるゴールドレーン特典を付与。
・ 最新型携帯電話の先行予約ができ、発売日には手元に届く優先特典の付与。

DCMX miniのサービス内容について

・ DCMX miniは年会費無料です。
・ 毎月の最大利用限度額は1万円までですが、利用や支払い情況に応じて自動的にドコモによって審査が行われ、最大利用限度額3万円まで増額されることも出来ます。
・ DCMX miniの利用金額は、毎月の携帯電話の利用料金と合算されて請求されます。
・ プラスティックのカードによるクレジットカードは発行されませんが、iD加盟店であれば最大利用限度額の範囲内で利用が可能です。
・ 一括払いによる支払い方法のみで、利用額に応じたポイントは付与されません。
・ 使用した金額が返品などで取り消されても、取り消された分の額を再び利用することができません。



関連記事を読む 》 多機能IC決済サービス「pitapa」とは?
クレジットカード比較ランキング 一位

  JCB EIT  年会費無料、ポイント2倍、旅行保険付帯!

JCB EIT画像 年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
旅行傷害保険(最大) 海外:2,000万円(自動付帯)
国内:付帯なし
空港ラウンジ 利用不可
ポイントが倍付け(還元率1%)の上に、年会費無料ながら海外旅行傷害保険は最大2,000万円。傷害・疾病治療も100万円の保険が付いてくるので入会しない理由が見つからないカードです!
詳細:JCB EIT

二位

  シティエリート  年会費3,000円でゴールド並のスペック

シティエリート画像 年会費(税別) 1,500円(初年度)
3,000円(次年度以降)
※年間30万円以上利用時、ポイント相殺で実質無料
ポイント還元率 0.768%
※年会費相殺なら1.05%
旅行傷害保険(最大) 海外:3,000万円(利用付帯)
国内:3,000万円(利用付帯)
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ利用が可能
ポイントも倍付けでギフトカード交換時のポイント還元率は0.768%と非常に高め。次年度年会費のポイント相殺が可能で、この場合の還元率は1.05%。年間30万円の利用で年会費の元が取れてしまうのも魅力です!
詳細:シティエリート

三位

  ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  東京メトロを頻繁に使う方には最もお得

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)画像 年会費(税別) 2,000円
※通常1000円利用で5マイル。10マイル(倍付け)コースに変更するにはプラス2,000円。
ポイント還元率 利用次第で10%以上
※1マイル3円換算
旅行傷害保険(最大) 海外:1,000万円(自動付帯)
国内:1,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ 利用不可
ソラチカカードは、東京メトロを頻繁に使う方には最もANAマイルが貯まるカードです!
管理人の場合は、東京メトロを月に60回、13,000円は使います。この時に貯まるANAマイルを計算すると・・・430マイル!1マイル3円換算なら何と10%近い還元率になります。

詳細:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)