VIASOカードの基本情報

キャッシュバックが魅力VIASOカード

・国際ブランドの種類:VISA
・申し込み資格:本人カードの資格は、契約の際の年齢が、満18歳以上の日本国内の在住者で、電話により連絡が可能な方。ただし、高校生は、対象外、未成年者は、親権者の同意が必要となります。
家族会員の資格は、本人カード所有者と一緒に生計を立てて暮らしているその配偶者、満18歳以上のその子供、および、その両親。ただし、本人カードの所有者が学生である際には、対象外。
・年会費:本人カードの年会費
・初年度費用:無料
・2年目以降の費用:無料家族カードの年会費
・初年度費用:無料
・2年目以降の費用:無料
・ポイントの交換還元率:0.5パーセントから1.0パーセント 
・付与ポイント:1000円で5ポイントから10ポイント付与
・付帯カード&機能:年会費無料のETCカード

新社会人にも嬉しいオートキャッシュバック

VIASOカードは、携帯電話料金やインターネットプロバイダーの料金でのVIASOカードの利用や、VIASOのETCカードでの利用料金の支払いで2倍のポイントが付与されるなど、様々な特典でポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

そして、貯まったポイントはあらかじめ登録した指定口座へ自動的に振り込まれてキャッシュバックされます
ポイントの期限が切れる前にポイントを交換し忘れてしまうような失敗もなく、振り込み手数料も引かれることもないので、VIASOカードの利用者からも大変好評です。

このサービスは、忙しい新社会人や貯金の少ない新社会人などにも、ありがたいものとなるでしょう。


ネットショッピング派に大きなメリット

VIASOカードは、VIASO eショップを通したネットショッピングでの支払いでVIASOカードを利用すると、利用店舗にも異なりますがボーナスポイントが付与されます。

VIASOカードは、このボーナスポイントが他のカード会社よりも全体的に高めに設定されていますので、ネットショッピング派の方には大きなメリットとなることでしょう。

また、NICOSネットセーフティーサービスも付帯していますので、ネット上の取引で万が一、VIASOカードが不正利用された際の補償もついていますので安心して利用できます。



関連記事を読む 》 クレジットカードの基本
クレジットカード比較ランキング 一位

  JCB EIT  年会費無料、ポイント2倍、旅行保険付帯!

JCB EIT画像 年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
旅行傷害保険(最大) 海外:2,000万円(自動付帯)
国内:付帯なし
空港ラウンジ 利用不可
ポイントが倍付け(還元率1%)の上に、年会費無料ながら海外旅行傷害保険は最大2,000万円。傷害・疾病治療も100万円の保険が付いてくるので入会しない理由が見つからないカードです!
詳細:JCB EIT

二位

  シティエリート  年会費3,000円でゴールド並のスペック

シティエリート画像 年会費(税別) 1,500円(初年度)
3,000円(次年度以降)
※年間30万円以上利用時、ポイント相殺で実質無料
ポイント還元率 0.768%
※年会費相殺なら1.05%
旅行傷害保険(最大) 海外:3,000万円(利用付帯)
国内:3,000万円(利用付帯)
空港ラウンジ 国内空港ラウンジ利用が可能
ポイントも倍付けでギフトカード交換時のポイント還元率は0.768%と非常に高め。次年度年会費のポイント相殺が可能で、この場合の還元率は1.05%。年間30万円の利用で年会費の元が取れてしまうのも魅力です!
詳細:シティエリート

三位

  ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  東京メトロを頻繁に使う方には最もお得

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)画像 年会費(税別) 2,000円
※通常1000円利用で5マイル。10マイル(倍付け)コースに変更するにはプラス2,000円。
ポイント還元率 利用次第で10%以上
※1マイル3円換算
旅行傷害保険(最大) 海外:1,000万円(自動付帯)
国内:1,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ 利用不可
ソラチカカードは、東京メトロを頻繁に使う方には最もANAマイルが貯まるカードです!
管理人の場合は、東京メトロを月に60回、13,000円は使います。この時に貯まるANAマイルを計算すると・・・430マイル!1マイル3円換算なら何と10%近い還元率になります。

詳細:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)